ブリティッシュ・エアウェイズのマイルでJAL特典航空券に交換

ブリティッシュ・エアウェイズのマイルでJAL特典航空券に交換

JALとブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、ともにワンワールド加盟航空会社です。

そのため、JALマイレージバンクのマイルを使って、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)運航の特典航空券を取得することもできますし、逆に、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のエグゼクティブ・クラブのマイル(Aviosポイントと呼ばれます)を使って、JAL運航の特典航空券を取ることもできます。

あまり知られていませんが、ブリティッシュ・エアウェイズのAviosポイントを使ったJAL特典航空券交換が大変お得ですので紹介します。

ブリティッシュ・エアウェイズ特典航空券必要Aviosポイント

以下は、Avionポイントを利用して、ワンワールド加盟航空会社の特典航空券交換をする際に必要なAviosポイント数(片道)のチャートです。

JAL運航の特典航空券に交換する場合も、このチャートが適用されます。

ゾーン 区間マイル エコノミークラス ビジネスクラス ファースクラス
1 1~650 4,500 9,000 13,500
2 651~1,151 7,500 15,000 22,500
3 1,152~2,000 10,000 20,000 30,000
4 2,001~3,000 12,500 25,000 37,500
5 3,001~4,000 20,000 40,000 60,000
6 4,001~5,500 25,000 50,000 75,000
7 5,501~6,500 30,000 60,000 90,000
8 6,501~7,000 35,000 70,000 105,000
9 7,001~100,000 50,000 100,000 150,000

区間マイル数(片道)650マイル以下の路線は、4,500Aviosポイントで交換可能ということです。

JAL国内線の区間マイル数はこちらで確認することができますが、羽田-札幌/福岡/釧路/熊本/長崎/鹿児島などはいずれも650マイル以下ですので、片道4,500Aviosポイント、往復9,000Aviosポイントで交換可能です。

羽田-札幌/福岡/釧路/熊本/長崎/鹿児島のJAL特典航空券をJALマイルで賄おうとすると、通常、片道11,250マイル、往復15,000マイル必要となります。JALカード割引が適用されたとしても、片道10,750マイル、往復14,000マイルです。特典予約申込み時期が仮にディスカウントマイル設定期間であったとしても、片道9,000マイル、往復12,000マイル必要です。ブリティッシュ・エアウェイズのAviosポイントを利用した特典航空券交換のお得さが際立ちますね。

ちなみに、羽田-沖縄(那覇)の区間マイル数は984、羽田-宮古は1,158、羽田-石垣は1,228です。

ブリティッシュ・エアウェイズ特典航空券は非常に柔軟!

ブリティッシュ・エアウエィズのAviosでJAL特典航空券へ交換することのメリットは、「必要マイルの少なさ」だけではありません。

ブリティッシュ・エアウェイズ特典航空券は、ANAやJALの特典航空券の不自由さに慣れてしまった身からすると、非常に柔軟なんですね!

まず、「第三者」の特典航空券も取ることができます。家族や親戚以外の友人、彼女、愛人にも取ることができます(笑)

搭乗日当日」であっても、特典航空券を取ることができます。急な出張でも大丈夫。

また、Aviosは、増減があるたびに有効期限が3年延長されます。「実質的に無期限」です。JALは獲得日から3年です。

アメックスでブリティッシュ・エアウェイズのAviosポイントを貯める

ブリティッシュ・エアウェイズのマイル(Aviosポイント)を使うと、JALより少ないマイル(Aviosポイント)数でJAL特典航空券に交換できることは分かった。特典航空券が柔軟で使い勝手がいいことも分かった。でも、Aviosポイントを貯めるのは難しいでしょう?

いえ、そんなことはありません。確かに、今現在、Aviosポイントが直接貯まる提携カードは日本国内では発行されておりません。しかし、ショッピングで貯まるポイントをAviosポイントに交換できるクレジットカードは存在します。それは、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)です。

アメリカン・エキスプレスのメンバーシップ・リワードのポイントは、15の提携航空会社のマイルに移行することができますが、ブリティッシュ・エアウェイズもその15の提携航空会社の中に含まれています。

メンバーシップ・リワードのポイント1,000ポイントをAviosポイント1,000ポイントに移行手数料無料で交換できます。

カード名称 年会費 ポイント還元率
基本会員 家族会員 一般加盟店 対象航空会社26社の航空券、対象旅行代理店3社の指定旅行商品
アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン) 12,000円+消費税 6,000円+消費税 100円=1ポイント
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円+消費税 12,000円+消費税 100円=1ポイント
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 10,000円+消費税 5,000円+消費税 100円=1ポイント 100円=3ポイント
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 35,000円+消費税 17,500円+消費税 100円=1ポイント 100円=5ポイント

上のアメックス比較表をご覧ください。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)の場合、ショッピング利用金額90万円で、メンバーリップ・リワードのポイントが9,0000ポイント貯まり、ブリティッシュ・エアウェイズのAviosポイント9,000ポイントに交換することができます。羽田-札幌/福岡/釧路/熊本/長崎/鹿児島の往復特典航空券に交換することができますね。

管理人が注目したいのは、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードとアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードです。

両カードは、対象航空会社28社の航空券を円建てで対象航空会社のウェブサイトなどから直接カードで購入した場合、及び、対象旅行代理店2社の指定旅行商品を円建てで対象旅行代理店のウェブサイトや指定店舗などから直接カードで購入した場合、メンバーシップ・リワードのポイント換算率が、それぞれ、通常の「3倍」、通常の「5倍」になります。

28社の中には日系エアラインの、JAL、ANA、スターフライヤー、バニラエアも入っています。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードなら通常の3倍のスピードで、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードなら通常の5倍のスピードでブリティッシュ・エアウェイズのAviosポイントを貯めることができるということですね。

「アメックスでAviosポイントを貯めて、JALの特典航空券に交換する」。この最強マイル戦略、是非試してみてください。