JAL国際線で機内インターネットサービスが復活!

JAL国際線で機内インターネットサービスが復活!

JAL国際線で機内インターネットサービスが復活するそうです!

JALは、パナソニック(NYSE:PC)の孫会社に当たる米国法人パナソニック・アビオニクス・コーポレーション(Panasonic Avionics Corporation)が開発した「eXConnect」という無線インターネットサービス(有償)を、2012年夏より、国際線に導入するとのことです。

「eXConnect」は人工衛星経由の高速ブロードバンドインターネットサービスで、搭乗客は、ノートパソコンやiPod、iPhone、Androidスマートフォン、ブラックベリーなどの無線LAN対応端末から、地上にいる時と同様にウェブブラウジングやメールの送受信などを行えるとのこと。

まず、JAL国際線の日本-ヨーロッパ間、日本-アメリカ間に導入され、そのご順次対象路線を拡大していく予定とのこと。装着機材はボーイング777型機。日本-ヨーロッパ感への導入はロシア上空の認可取得が前提のようですが。


「復活」という言葉を使ったのには意味があります。JALは以前にも機内インターネットサービスを導入した経緯があったからです。JALが初めて機内インターネットサービスを導入したのは2004年の12月。ボーイング社のコネクション・バイ・ボーイング(Connexion by Boeing)を利用した「JAL Sky Online」でした。世界初の航空機・船舶機向けインターネットサービスとして注目を集めましたが、ボーイング社の事業中止に伴い、20006年にサービス終了。

現在は6年前と違い、インターネット接続サービスに対する需要は大きいですから、今度は長持ちするといいですね。機内でインターネットが使えれば、搭乗前に暇つぶし用のDVDやYouTube動画をiPhoneやiPadのハードディスクに保存するなんていう手間もなくなります。搭乗中にWi-Fi接続でYouTubeにアクセスすればいいんですからね。

大いに注目したいと思います。できれば、国内線にも導入してほしいなぁ。

あと、気になるのは料金体系ですね。コネクション・バイ・ボーイングを利用したJAL Sky Onlineは、定額制26.95USドル、従量制9.95USドル(1時間)、14.95USドル(2時間)、17.95USドル(3時間)でした。支払は全てクレジットカード。日本円で1,000円切ってくれるといいですけれどね。

2011年09月16日 コメント&トラックバック(3) |

カテゴリ: 日本航空

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Trackback(s)

  1. JAL国際線で機内インターネットサービスが復活! | JALカード+JMB WAONでJALマイル二重取り より:

    Jarrod Magic…

    I found a great……

  2. JAL国際線で機内インターネットサービスが復活! | JALカード+JMB WAONでJALマイル二重取り より:

    Raymond Coccia…

    I found a great……

  3. JAL国際線で機内インターネットサービスが復活! | JALカード+JMB WAONでJALマイル二重取り より:

    Elite Proxies…

    I found a great……

Comment(s)


Leave a Reply


»
«