「日本航空」のアーカイブ

JAL国際線で機内インターネットサービスが復活!

JAL国際線で機内インターネットサービスが復活するそうです!

JALは、パナソニック(NYSE:PC)の孫会社に当たる米国法人パナソニック・アビオニクス・コーポレーション(Panasonic Avionics Corporation)が開発した「eXConnect」という無線インターネットサービス(有償)を、2012年夏より、国際線に導入するとのことです。

「eXConnect」は人工衛星経由の高速ブロードバンドインターネットサービスで、搭乗客は、ノートパソコンやiPod、iPhone、Androidスマートフォン、ブラックベリーなどの無線LAN対応端末から、地上にいる時と同様にウェブブラウジングやメールの送受信などを行えるとのこと。

まず、JAL国際線の日本-ヨーロッパ間、日本-アメリカ間に導入され、そのご順次対象路線を拡大していく予定とのこと。装着機材はボーイング777型機。日本-ヨーロッパ感への導入はロシア上空の認可取得が前提のようですが。


「復活」という言葉を使ったのには意味があります。JALは以前にも機内インターネットサービスを導入した経緯があったからです。JALが初めて機内インターネットサービスを導入したのは2004年の12月。ボーイング社のコネクション・バイ・ボーイング(Connexion by Boeing)を利用した「JAL Sky Online」でした。世界初の航空機・船舶機向けインターネットサービスとして注目を集めましたが、ボーイング社の事業中止に伴い、20006年にサービス終了。

現在は6年前と違い、インターネット接続サービスに対する需要は大きいですから、今度は長持ちするといいですね。機内でインターネットが使えれば、搭乗前に暇つぶし用のDVDやYouTube動画をiPhoneやiPadのハードディスクに保存するなんていう手間もなくなります。搭乗中にWi-Fi接続でYouTubeにアクセスすればいいんですからね。

大いに注目したいと思います。できれば、国内線にも導入してほしいなぁ。

あと、気になるのは料金体系ですね。コネクション・バイ・ボーイングを利用したJAL Sky Onlineは、定額制26.95USドル、従量制9.95USドル(1時間)、14.95USドル(2時間)、17.95USドル(3時間)でした。支払は全てクレジットカード。日本円で1,000円切ってくれるといいですけれどね。

2011年09月16日 | コメント&トラックバック(3) |

カテゴリ: 日本航空

JAL嵐JETが就航開始

JAL嵐JET日本航空(JAL)は9月5日より、一部国内線において、人気アイドルグループ「嵐」メンバーの特別塗装機「JAL嵐JET」の就航を開始しました。

現在放送中のJALのテレビCM「感謝を行動に」編では、嵐の楽曲「movin’ on」(『僕の見ている風景 【初回仕様盤】』に収録)が使用されています。

■就航期間
2010年9月5日(日)~2011年1月(予定)

■使用機材
ボーイング777-200

■主要就航路線
東京(羽田)-札幌(千歳)線、東京(羽田)-大阪(伊丹)線、東京(羽田)-福岡線

2010年09月08日 | コメント&トラックバック(0) |

カテゴリ: 日本航空

品川-羽田空港を16分で結ぶ「新エアポート快特」

「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」が進捗し、今月16日(日)の始発から上り線だけ高架化されるそうです。それに伴う新ダイヤによって、品川-羽田空港間を16分で結ぶ「新エアポート快特」が誕生するとのことです。

羽田空港第1ターミナルがますます近くなりますね。

ただし、この「新エアポート快特」は、品川と羽田空港をノンストップでつなぐため、京浜急行線連続立体交差事業を協力して進めてきた大田区からは強い抗議が寄せられているようです。

周辺住民にとっては、踏切の遮断時間が減るなどのメリットはあるのですが。。。


今年7月には、京成電鉄の「成田スカイアクセス」の開業も予定されています。空港までの心理的距離が小さくなっていくのは嬉しいことですね。

タグ

2010年05月08日 | コメント&トラックバック(0) |

カテゴリ: 日本航空

定時到着率ランキングでJALが世界一

JALの定時到着率は世界の大手航空会社のなかで1位だそうです。アメリカのConducive Technology社のFlightstatsという調査がそれを明らかにしました。

2009 Year-end Report on Airport and Airline Arrival Performance

上記pdf内の「Calendar year 2009 Global Major Carrier Arrival Performance Report – Scheduled Passenger Flights」というのを参照してください。

JALの定時到着率は90.95%。そして、2位はANAの9.37%。日本のワンツーフィニッシュです!

以下、スカンジナビア航空(SAS)89.11%、大韓航空88.61%、ホライゾン航空85.88%、Air Nostrum85.80%と続きます。

Flightstatsという調査には、アメリカ、ヨーロッパの航空会社に限定した調査結果も載っていますが、それによると、大手航空会社以外にはJALを上回る定時到着率の航空会社もあるようです。

例えば、ビンター・カナリアス航空(Binter Canarias)は、定時到着率95.34%です。でも、これはカナリア諸島間の短距離フライト中心ですから、当然の結果と言えるかもしれません。

経営再建中のJALには大いに励みになるニュースですね。

2010年04月20日 | コメント&トラックバック(0) |

カテゴリ: 日本航空

清水エスパルス、今季もJALのロゴマークを継続

JAL(日本航空)はサッカーJリーグ1部清水エスパルスのスポンサーをずっと務めてきましたが、今年1月にスポンサー契約が終了。

その清水エスパルスですが、

リーグ発足以来、支援を受けてきた「恩返し」(清水・早川巌社長)として、契約の成否にかかわらず、昨季同様、左袖に「JAL」のロゴマークを入れて今季を戦うことを決めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000077-mai-socc

とのこと。

清水エスパルスのユニフォームの胸の部分は、鈴与(清水エスパルスを運営する株式会社エスパルスの親会社)、背中はグリコ、袖の部分はJALが担当しています。

鈴与のグループ企業である鈴与商事は「スマイルパーソナルカード」というクレジットカードを発行していますが、このカードはかつてはJALマイル還元率2.0%という突出した還元率を誇っていました。

2010年03月06日 | コメント&トラックバック(0) |

カテゴリ: 日本航空

JALでリゾート!関西発直行便!!キャンペーン

2月1日から3月31日まで実施される「JALでリゾート!関空発直行便!!キャンペーン」の紹介です。

期間中に、関西国際空港発、沖縄、バリ、ハワイ、グアムへのJAL直行便を利用すると、もれなくプレゼントがあります。

ホノルル線(JO78便)、バリ線(JO/JL715便)搭乗で、もれなく「モンシュシュ堂島ロール1カット」。抽選で「ロクシタンアメニティセット」が当たります。

沖縄線(JAL2571/JAL2573/JAL2577便)搭乗で、もれなく「ガトーフェスタハラダのホワイトラスク」。抽選で「シーサーペーパークラフト」が当たります。

グアム線(JO943便)搭乗で、もれなく「大塚製薬のUL・OS」が貰えます。

ちなみに、JOはJALウェイズ、JO/JLはJALウェイズとのコードシェア便という意味です。

JALで行く沖縄おすすめツアーはこちら

タグ

2010年02月02日 | コメント&トラックバック(0) |

カテゴリ: 日本航空